お金借りる即日ならどこがいい

お金借りる即日なら大手消費者金融を上手に利用しよう!

キャッシング申し込み時の審査方法



初めてのキャッシングには審査がつきものです。

 

審査にクリアすることができなければ、金融会社から融資を受けることはできなくなります。

 

 

キャッシングに限らず銀行でローンを組む場合にも必ず審査がありますが、この審査はなぜ行われるのでしょうか。

 

金融会社は、返済ができる顧客にだけ融資を行いたいと考えています。

 

そのため、顧客の返済能力を見極めるために、事前に審査を行います。

 

 

キャッシングの審査をする時は、申し込みをした人が仕事をしているかどうか、勤続年数は何年かなどが確認されます。

 

審査では、毎月の収入がコンスタントにあるかが大事なところですが、

働き始めて間がないからといって一概に審査は不利かというと、そうも言えません。

 

キャッシングの審査の考え方では、確かに、長く勤めている人の方が、安定していると判断されます。

 

それとは別に、持ち家の有無など、資産状況もチェックされています

 

車や住宅のローンなど、他の金融機関での借り入れがあるかどうかも審査の対象となります。

 

 

審査では、年収に比して多額の融資を求めているような人は、返済能力に不安があるとして不利になるようです。

 

携帯電話の他に固定電話を所有している人は、所在が安定していると判断されて、信用度が高くなります。

 

キャッシング会社によって、試算や、収入をどう考えるかは差がありますので、

それらの点が審査の結果に反映されるといいます。

 

 

 

 

 

タグ :

キャッシング審査

キャッシング申し込み時の審査について



キャッシング機能が付帯しているクレジットカードも

多くなってきたこともあり、キャッシングが使いやすくなってきています。

 

キャッシングが手軽に使えるようになったとはいえ、

審査を通過しなければ、融資が受けられないことは変わりありません。

 

 

クレジットカードに付帯したキャッシング機能の場合は、

クレジットカードを作る時に、すでに審査がされています。

 

新しくクレジットカードをつくる時には、

キャッシング機能をつけるか否かを決められる項目が申込書にあります。

 

キャッシング機能付きのクレジットカードを選んだ場合には、

キャッシング機能なしにした場合よりも、申し込み時の審査は当然厳しくなります

 

クレジットにも、キャッシングにも使えるカードに対する需要が高いことから、

双方の機能を有したクレジットカード用の審査が行われています。

 

 

キャッシング機能をクレジットカードにはつけず、

気軽にお金が借りられない状況にすることで、自分を律するという人も、以外といます。

 

クレジットカードの発行手続きをしたけれど、

審査で断られたという人も、結構いるようです。

 

そんな場合には、キャッシング機能を無しにしたり、

キャッシング枠の金額を低くすることによって、審査に通る可能性もあります。

 

審査の通りにくさは、どこのクレジットカード会社を選ぶかでも、異なってくるようです。

 

ですから、もしキャッシングの審査に通らなかった場合は、

会社を変える事で通ることもあります。

 

基本的に、銀行系は審査に通りにくいといいますので、

どこでキャッシングの審査を受けるかをよく検討するといいでしょう。

 

 

 

 

 

タグ : 

キャッシング審査

アルバイトの方のキャッシングの審査内容を分析



 

キャッシングでお金を借りたい場合は必ず審査を通過しなければ、お金を借りることはできません。

 

それは正社員であっても、アルバイトで働く人であっても同じことです。

 

キャッシングの審査では特にその方の返済能力を見ています。

 

キャッシングの審査を受ける時には、どんな点に留意するといいでしょうか!

キャッシングの審査では、個人の信用がどのくらいあるかが問われます。

 

アルバイトの方でもそれは例外ではありません。

 

信用度が高い人ほど、高額の融資をしてもきちんと返済してくれると判断されます。

 

 

アルバイトの方が重要視される審査項目

アルバイトの方の審査で重視されるのは、月々の収入が安定しているかどうかです。

 

安定した収入があるアルバイトとは、必ずしも掛け持ちで沢山のアルバイトを

 

していることでは示すものではありません。

 

キャッシングの審査では、収入の柱となっているアルバイトが、

 

半年以上変わっていないかどうかなどが大事なポイントになります。

 

最近では2010年に賃金業法が改正されたため、アルバイトで働く人に取っては

 

お金は借りにくい状況になってきています。

 

賃金業法の総量規制で何が変わった?

賃金業法で改正された法律に「総量規制」があります。

 

総量規制では個人への融資は「年収の3分の1以内」と決められています。

 

逆に言えばアルバイトの方であっても「年収の1/3以内」であれば、お金を借りることができます。

 

 

アルバイトの方がお金を借りる注意点

自分の年収はどのくらいで、融資を受けられる金額の範囲がどのくらいなのかも、

 

審査を受ける前に確認しておく必要があります。

 

キャッシング会社の中には年収の3分の1をオーバーする金額でも、場合によっては融資可能だといいます。

 

けれども、アルバイトの収入がもっとあるという方や、生活費が殆ど不要という方以外は

 

収入の3分の1もキャッシングの返済に当てていれば、早晩、日常生活に支障が出ます。

 

 

アルバイトをしている方がお金を借りようと思ったら、

 

現実的な返済計画をしっかり立ててから融資を受けるように心掛けましょう。

 

もし大手消費者金融の審査で落ちるようなことがありましたら、

 

 

 

タグ :   

消費者金融でお金借りる